読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

close your eyes

shikouseyo

初代GALAXYS(SC-02B)をルート化してAndroid4.4.4をインストールする手順

初代GALAXYS(SC-02B)をroot化、AndroidOS4.4.4をインストールした手順の個人的まとめ。

 

Android初期の名機、GALAXYS(ギャラクシーS)SC02B

 


見た目からしてiPhone3Gのパクリだが、内容の伴ったパクリで当時としては性能は最先端。Androidの良さを世に知らしめた名機である。 

(この頃のサムスンが一番輝いていたな)

 

現在初代GALAXYSの公式アップデートはAndroid2.3.6で止まり、アプリもまともに入れられない状態。(Android2.3xは既にオワコンで、多くのアプリが互換性を切り捨てている。)

これではさすがにGALAXYSも現役引退、過去の遺物となっていると思われていたが……

 

実は海外では有志による非公式アップデートが続けられており、最近のOSバージョンAndroid4.4.4まで入るらしい

Android4.4(KitKat)は処理の最適化が進んでおり、過去のOSバージョンより速度向上が見込める。


もしかして、まだGALAXYSも戦える?!

以下、先人の知恵を借りてGALAXY SにAndroid4.4.4を導入した記録である。

 

 初代GALAXYS(SC-02B)にAndroid4.4.4をインストールする手順

 

やったこと

初代GALAXYS(SC-02B)をルート化し、AndroidOS4.4.4ベースのカスタムOS(CyanogenMod11)を導入!

 

ざっくり方法を書くと

スマホ初期化

公式最終バージョンのOSへ更新

ROOT化

Android4.4.4インストール

流れは単純だが、道程は長く、試行錯誤の連続だった。
しかし、たいした知識もないのに1日で成功したのは僥倖だった。

 

必要なもの

・PC(Windows
スマホGALAXY S(SC-02B)
・microSD

 

ダウンロードするもの
・SamsungKies
・USB DRIVER
・Odin3 v1.85
・sc02b_odin_2011112.pit
・CODE_SC02BOMJJ1.tar.md5.tar
・MODEM_SC02BOMJJ1.tar.md5.tar
・CF-Root-XX_OXA_JVZ-v4.3-CWM3RFS.tar
・cm-11-20150103-NIGHTLY-galaxysmtd
・Slim_mini_gapps.4.4.4.build.8.x-385.zip
・sc02b-OMKL4-ril-gps-blobs.zip
・sc02b-OMLC4-modem.zip

多いが、順を追ってダウンロードすればそれほど大変ではない。

 

1.準備段階:PCに必要ソフトをダウンロード&インストール

まずサムスンの公式ソフトとドライバをPCにインストール

 

Kies | サポート | SAMSUNG

・SamsungKies
SamsungKies3ではなく、対応機種:Android OS 4.3未満のSamsungKies方をダウンロード。
後に公式の最終バージョン(Android2.3.6)に更新するのに使用します。

 

・KIESとテザリング機能のUSB DRIVER
PCに接続するのに必要なUSBドライバ。
(USBドライバはKiesに含まれていないようで、こちらも必要でした。)

  

次にOdin3をダウンロード、インストール。

 

 ⇛/Odin3-v1.85.zipをダウンロード - docomo sc-02b chinese - SourceForge.JP

・Odin3 v1.85

所謂ROM焼き、Androidのバージョンを書き込むのに使用します。

 

2.スマホ初期化

スマホ、GalaxyS(SC-02B)を最初のバージョン(初期ROM)Android2.2に戻します。途中で失敗して文鎮化しても、この手順で初期化すれば大抵は復旧できます。

 

まず、初期ROMファイルをダウンロード。

sc02b_odin_2011112.pit
CODE_SC02BOMJJ1.tar.md5.tar
MODEM_SC02BOMJJ1.tar.md5.tar


次に、スマホをダウンロードモードで起動。
ダウンロードモードの起動方法は電源OFFの状態で電源ボタン+ボリュームダウンボタン+ホームボタンを長押し。
成功すれば工事中のドロイドくんの画像とDownloading…と表示された画面が出ます。

ダウンロードモードのスマホをPCに接続。

 

Odin3 v1.85を起動

id:COM下のボックスが黄色に変化していたら接続成功の印。
(接続できない場合は・・ドライバをインストールし忘れていませんか?)

 

Odin3に初期ROMデータをセット

ダウンロードしたファイルをOdin3にセット
PIT:sc02b_odin_2011112.pit
PDA:CODE_SC02BOMJJ1.tar.md5.tar
PHON:MODEM_SC02BOMJJ1.tar.md5.tar

STARTを押すとインストールが始まります。(ID:COM上のボックスのゲージが進んでいきます。)

インストール完了するとスマホが自動的に再起動。初期バージョンになっているはずです。

 

3.SamsungKiesで公式の最終バージョンに更新

SamsungKiesを起動し、スマホも接続。
公式の最終OSバージョンへ更新します。

 

4.root化

ルート化ROMをダウンロード

CF-Root-XX_OXA_JVZ-v4.3-CWM3RFS.tar

スマホをダウンロードモードでPCに接続。

Odin3のPDAにCF-Root-XX_OXA_JVZ-v4.3-CWM3RFS.tarをセットしSTART

完了するとOSがルート化され、自動的に再起動される。

(起動時に表示されるGALAXYDのロゴと一緒に海外の型番「GT-I9000」が表示されたら成功。)

 

5.Android4.4.4導入の事前準備

導入するAndroid4.4.4のカスタムROMはGALAXYS専用。違うスマホでインストール出来ないようにロックがかかっている。


ただ、GALAXYSの海外製の型番GT-I9000で判定しているため、日本製の型番SC-02Bでインストールしようとしても型番判定で弾かれてしまう。


ここでは日本製のスマホ(SC-02B)でもインストールできるように型番の表示を「SC-02B」から「GT-I9000」へ変更する。

 

build.prop書き換えで型番を偽装

root化したGALAXYSにシステムフォルダを編集できるファイラーアプリをインストール。
(ESエクスプローラやX-plore File Managerなどがおすすめ。)

 

ファイラーのテキストエディタでbuild.propを書き換える。
build.propの場所はシステムフォルダの直下(/system/build.prop)

該当部分は5行。
ro.product.model=SC-02B
ro.product.name=SC-02B
ro.product.device=SC-02B
ro.product.board=SC-02B
ro.build.product=SC-02B

「SC-02B」を「GT-I9000」に書き換えてください。

 

編集方法参考ページ(ESエクスプローラ解説)

まさやん家: IS12S rootカスタマイズ【2】まさやん家: IS12S rootカスタマイズ【2】

6.Android4.4.4導入

必要データをダウンロード
cm-11-20150103-NIGHTLY-galaxysmtd
Slim_mini_gapps.4.4.4.build.8.x-385.zip
sc02b-OMKL4-ril-gps-blobs.zip
sc02b-OMLC4-modem.zip

これら4つのファイルをmicroSDに入れ、スマホに挿す。

 

スマホをリカバリーモード(CWM)起動
リカバリーモードの起動方法は電源OFFの状態で
電源ボタン+ボリュームアップボタン+ホームボタンを長押し。

起動に成功するとPCのBIOSのようなメニュー画面が表示される。

操作方法はボリュームUP・DOWNで項目移動。ホームボタンで決定。

 

カスタムOS(CyanogenMod11)Android4.4.4インストール

install zip from sdcard選択→choose zip from sdcard選択→cm-11-20140916-SNAPSHOT-M10-galaxysmtd.zip選択。→YES

インストールが始まると、途中で背景のドロイドくんが倒れた画面になり再起動。画面と再起動でループする。→電源ボタン長押しかバッテリーを抜いて電源を切る。


再びリカバリモードで起動する。
文字がオレンジ色から青色へ変わっているはず。


すこし項目名が変わっているが、基本的に同じ。
install zip選択→choose zip/storage/sdcard2選択→cm-11-20140916-SNAPSHOT-M10-galaxysmtd.zip選択→YES
次は正常に完了する。

 

7.gapssをインストール

OSは導入完了したが、インストールしたカスタムOS(CyanogenMod11)にはgoogleのアプリが入っていないのでgapss(Google Apps)を導入する必要がある。

 

リカバリモードで起動する。

install zip選択→choose zip/storage/sdcard2選択→Slim_mini_gapps.4.4.4.build.8.x-385.zip選択→YES

 

8.設定ファイルをインストール

ラスト。同じ流れで設定ファイルもインストール。
install zip選択→choose zip/storage/sdcard2選択→sc02b-OMLL1-modem.zip→YES
install zip選択→choose zip/storage/sdcard2選択→sc02b-OMLL1-ril-gps-blobs.zip→YES

 

これ全てで完了。

 

個人的につまずいた所

  • odin3に接続できない→USBドライバインストールで接続成功
  • 2.2からルート化ROM焼きしたらロゴループで文鎮化した←2.3用だから当たり前か…しかしCWMで次工程に強行できそうかも?
  • カスタムOSの機種判定で弾かれる。scriptの機種判定部分(5行)を削除すればできると書いてあるサイトもあったが、バージョンが変わっているため無理だった。結局build.propを書き換える方法で解決する。
  • gapssをインストールがエラーで失敗→gapssに相性がある?Android4.4.4 gapssでググって色々なgapssを試してようやく成功。
  • gapssインストールが一番つまずいた。もしgapssインストールエラーが出たらfactoryresetした後、再起動してから再チャレンジか他のgapssを試した方がいいかもしれない。

 

まとめ。産廃が見事なサブ機に!

AndroidOS4.4は処理の軽量化がされており、2.3より動作が軽くなった気がする。
しかし、驚くほど早くなった!・・という程でもなかった。

Root機は通常OS出できないことが出来る反面、不具合も自己責任・サービス元の制限で使えないアプリやゲームも多い。
ゆえにメイン機をRoot化して使うのはリスクが高い。

しかしサブ機としてはうってつけの玩具だ。

とりわけ今回のように、産廃になったスマホが息を吹き返す姿は胸が熱くなるな

 

参考にした先駆者様たちのページ

ケータイ・スマートフォン・モバイル: root ROM焼き カスタムROM 海外OS4.4 GALAXY S SC-02B 通信通話OK ケータイ・スマートフォン・モバイル: root ROM焼き カスタムROM 海外OS4.4 GALAXY S SC-02B 通信通話OK

 

SC-02B Android 4.4 最短でKitkatを導入しようPart.1 2.2への初期化から2.3カスタムカーネル導入まで  - 職業は旅人と言いたいところです。SC-02B Android 4.4 最短でKitkatを導入しようPart.1 2.2への初期化から2.3カスタムカーネル導入まで  - 職業は旅人と言いたいところです。

 

[SC-02B]Android4.4KitKatを食わせた(Cyanogenmod11) - こうせんにねんせい![SC-02B]Android4.4KitKatを食わせた(Cyanogenmod11) - こうせんにねんせい!

他にも多数。感謝!

 

広告を非表示にする