close your eyes

shikouseyo

なんでも鑑定団で世界に8本しかない「ロックマン4ゴールドカートリッジ」鑑定!驚きの鑑定結果は・・・!?

ロックマンボスキャラ募集コンテストで採用された「ブライトマン」の作者、榎本よしたか(榎本 祥孝)さんが「開運!なんでも鑑定団」に出演。

 ロックマンボスキャラ募集コンテストで「ブライトマン」が採用された当時、榎本よしたか(榎本 祥孝)さんは8歳だった。

 

 応募名は「パールマン」だったそうだ。 

 

2014年現在37歳、職業は漫画家・イラストレーター。

 

なんでも鑑定団に「ブライトマン」採用記念で贈られたファミコンソフト「ロックマン4」ゴールドカートリッジ(カセット)バージョンを鑑定依頼。

ボスキャラ募集コンテストで採用された計8人のみに送られた、世界で8本しか存在しない超レア金色のカセットだ。

 

 

さて、驚きの鑑定結果は・・・

  

 40万円!!!

 

意外と・・安い・・な?

 

似ている所の「キン肉マン マッスルタッグマッチ」のゴールドカートリッジは100万円以上すると言わているだけに、もっと驚きの高値を予想していた。

キン肉マンの金色カセットは公式ゲーム大会景品用で上大会位8名に贈られ、中にはリクエストした超人のキャラがデータが入っている。その分キン肉マンのほうがレア度が高かったか。

 

しかし40万は安すぎる気もするが・・

・・・ロックマンは今となっては海外のほうが人気ゲームキャラなので、海外で売るなら2倍も3倍も値が付くかもしれない。

広告を非表示にする